効果的なアミノ酸を摂取するダイエット方法を一挙公開

女の人

様々な種類がある

笑顔の女性

選びかたのポイント

何日もおつうじがないと非常につらいものです。そんなときはなんとか便秘を治したくて、便秘薬に頼りたくなるものです。しかし便秘薬と言っても、便秘の症状によってオススメの薬が異なります。弛緩性便秘は主に女性に多い便秘ですが、腸に刺激を与えることで排便を促す便秘薬がオススメです。センナやビサコジルなどの成分を含む便秘薬がいいのですが使い過ぎに注意します。次に酸化マグネシウムを含んだ薬は腸の中の水分を調節して、便を柔らかくする便秘薬で腹痛が起きにくくオススメです。またビフィズス菌や納豆菌を含んだ整腸タイプは、腸内環境をよくするので便秘の他お腹の不調全体にもオススメです。さらに食物繊維が含まれる便秘薬は、水と一緒に飲むと排便を促します。

漢方も効果

便秘が慢性になって常習的に便秘薬を使用していると、自然ぜん動が起こりにくくなる不安があります。それなら漢方なら全く心配がないかと言えば、そう簡単なものでもないのです。漢方薬にも強い刺激を与える薬があるので、症状を見極めた上で使用する必要があります。大黄やセンナを含んだ漢方薬は強い刺激を与えるので、腸の機能が低下して便秘が治らなくなることもあります。大黄やセンナを含んだ刺激性の漢方薬は、長時間排便がなくて苦しいときの他はあまり使わないようにして自律神経を整える漢方薬を使用したり、食物繊維を摂るようにしたり水分を調整して腸内環境を整える方が安心です。ストレスが多い人の場合は、ホルモンの働きを促す漢方薬も効果があります。